関西スクエアからのお知らせ

会員の寄稿

『茅の輪くぐりのこと』
上方文化評論家  福井栄一様

 正月から半年間、知らぬ間に身に積もり溜まった穢れを祓い、残り半年の安寧を祈願する「夏越(なごし)の祓(はらい)」。
 その神事のひとつが「茅(ち)の輪くぐり」である。
 古歌に曰く、
 水無月の 夏越の祓 する人は ちとせの命 延ぶというなり
 陰暦下では六月末日の行事であった故、新暦導入後は七月末日に催行する神社が多いのだが、大阪府の茨木神社(茨木市元町)では現在も毎年六月三十日におこなっている。
 同社の茅の輪くぐりをめぐっては、旧鎮座地の宮元町一帯を舞台に、こんな逸話が伝わる。

135.jpg

 昔、この地にむさくるしい姿の旅人が流れてきた。
 旅人は巨旦(こたん)将来という長者の屋敷の門を叩き、一夜の宿を乞うたが、巨旦は薄汚い旅人を毛嫌いし、門前払いを喰わせた。
 そこで旅人が仕方なくその場を立ち去り、さまよい歩くうち、いまにも倒れそうなあばら家(や)に行き当たった。先ほどと同じように宿を乞うと、中から蘇民将来が出てきて、
「ウチは貧しくて、たいしたもてなしも出来ないが・・・」
と詫びながら、精一杯、歓待してくれた。
 それから数年後、例の旅人が再び蘇民将来の家へ訪ねて来て、
「私は素戔嗚(すさのお)である。もうすぐこの村には悪疫がはやる。しかしその際、これを身につけて『蘇民将来の家の者だ』と叫べば、病魔は寄りつかないだろう」
と告げ、小さな茅の輪を手渡して、立ち去った。
 しばらく経つと、予言通り、村では悪疫が猛威をふるった。
 蘇民将来一家は素戔嗚の言いつけを守ったので、皆が壮健なままだったが、巨旦将来の一族は次々に病に倒れ、とうとうその家は没落してしまった。

 この伝説の蘇民将来の故事にあやかって、茅の輪くぐりが行われるわけである。
 本殿で大祓をうけた後、直径二メートルほどの茅の輪を、宮司の先導のもとにくぐる。その後の半年間、無病息災でいられるかどうかが懸かっているのだ。まちがってもヘラヘラ笑いながらくぐってはいけない。
 酷暑による夏バテが心配な御方は、他の多くの神社に先駆けて行われる同社の「茅の輪くぐり」に参加されてみてはいかがか。
 なお、輪は、七月一日午前中までくぐることが出来るというから、忙しくて時間を作りにくい現代人には、大いに助かる。
実(げ)に実に、神慮の程や、有難し。

(完)