2月20開催 講演会「トランプ政治とメディア」参加者募集

会員の寄稿

『針供養のはなし』
上方文化評論家 福井栄一様

 二月。この時期、節分と並ぶ風物詩といえば、二月八日の針供養である。この日、参拝者は使い古した針や折れた針を供養のために社寺へ納め、あわせて裁縫の上達を祈願する。堂舎に据えられた巨大な豆腐や蒟蒻に、何百何千という針が刺さる様は奇観そのものだ。 それにしても、どうして豆腐や蒟蒻に刺すのか。

fukui0117.jpg

 よく言われるのは、針への慰労。つまり、長年、硬い布地相手に奮闘してくれた針を、あえて柔らかな物へ刺すことで休ませてあげようというもの。

 ただ、一方で、針を持参する女性の呪願と解する説も(今日的なジェンダー論をひとまず脇へおけば)味わい深い。曰く「豆腐にあやかり色白の美人になれますように」「日々柔らかで、たおやかな気持ちで暮らせますように」「(豆腐や蒟蒻がいくら刺されても痛がらないのと同じく)辛いことも我慢できますように」・・・。

 ところで、針供養が行われるのは、なぜ二月八日(地域によっては二月八日と十二月八日の二回)なのか。

 これはおそらく、二月八日と十二月八日が民俗学でいう「事八日(ことようか)」にあたり、針仕事を忌んだことによるのだろう。

 事八日の説明は一筋縄ではいかないが、ごく大雑把に言うと、事を歳神を迎えての一連の正月祭事と考えれば、十二月八日は「事始め」、二月八日が「事納め」となる。また、事を田の神を迎えての農事と解せば、二月八日が「事始め」、十二月八日が「事納め」である。いずれにせよ、こうした事八日は物忌日とされ、男たちは屋外の農事を控え、女性たちは屋内の裁縫を控えた(かつての女性の家庭生活において裁縫が如何に大きな比重を占めていたか、現代人は忘れがちである)。そして、ようやく女性の手から離れた古い針が、その日のうちに供養の対象となったのであった。

 針供養の風習の流布にあたっては、江戸期の淡嶋願人(がんにん)の力が大きかった。彼らは、婦人病平癒、子授け、安産等、女性の守護神としての淡嶋神の霊験を説きながら各地を回った。好都合なことに、淡嶋信仰の本拠地・淡嶋神社(和歌山市加太)の祭神は頗梨采女(はりさいにょ)であるとの俗説があったから、それを女性と縁の深い針に付会し、古い針を集めながら喜捨を得たのである。同社の針供養(針祭)は二月八日。境内には針塚も建つ。

 なお、針供養の由緒としてひときわ古いのは、京都市西京区嵐山の法輪寺である。同寺では、二月八日と十二月八日の二度にわたって針供養が催行される。清和天皇(八五〇~八八〇年)が針供養の堂舎を建立したのが起源という。

 ただ、近年は、お針箱を持たない家庭が激増。針供養の担い手も、和裁・洋裁・服飾関係者に限られつつあるときく。針の呪力も、時代の趨勢には抗し難いということか。

(完)