土田さやかさん(左)、京大総長の山極寿一さん(右上)、土田さんが研究で追跡したウガンダのマウンテンゴリラ(右下、土田さん提供)

関西スクエア主催イベント情報

第16回「中之島どくしょ会」開催のお知らせ

作家・玉岡かおるさん、西山厚さんと
『天平の女帝 孝謙称徳』『語りだす奈良 118の物語』を読む

  • ■とき  5月13日(金)18時半~20時半
  • ■ところ フェスティバルスイート(大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー37階)
  • ■定員 80人
  • ■入場無料
  • ■申し込み方法 講券が必要です。参加希望者1人の名前、年齢、郵便番号、住所、電話番号を記入し、下記の「このイベントに申し込む」から朝日新聞朝日21関西スクエア「中之島どくしょ会」係へ。4月26日(火)必着。抽選し、聴講券を送ります。抽選結果は聴講券の発送をもって発表とさせていただきます

※必ず玉岡さんの『天平の女帝 孝謙称徳』(新潮社)=写真上、または西山さんの『語りだす奈良 118の物語』(ウェッジ)=写真下=を読んでお越しください

〈講師と著書紹介〉玉岡かおる(たまおか・かおる)=写真上 1956年、兵庫県生まれ。神戸女学院大文学部卒。1987年、『夢食い魚のブルー・グッドバイ』で神戸文学賞を受賞し、作家デビュー。2009年に織田作之助賞を受賞した『お家さん』が舞台やテレビドラマになった。『蒼のなかに』『天涯の船』『タカラジェンヌの太平洋戦争』『負けんとき ヴォーリズ満喜子の種まく日々』など多数

〈講師と著書紹介〉西山厚(にしやま・あつし)=写真下 1953年、徳島県鳴門市生まれの伊勢育ち。京都大大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本仏教史で、奈良国立博物館に勤務し、「鎌倉仏教」「東大寺文書の世界」「女性と仏教」などの特別展を企画。同館学芸部長をへて、2014年から帝塚山大文学部教授。『仏教発見!』(講談社現代新書)、『僧侶の書』(日本の美術522)のほか、監修書も多数

このイベントの申し込みは締め切りました。