2017.4
No.190

お知らせ・イベント

2015.7. 9

第3回「中之島クロストーク」開催のお知らせ

ホストは白井聡さん
ゲストは池澤夏樹さん
日本の危機意識を問う

  • ■とき 8月7日(金)19時~21時
  • ■ところ 朝日新聞大阪本社アサコムホール(大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階)
  • ■定員 100人
  • ■入場無料
  • ■申込方法 聴講券が必要です。参加希望者1人の名前、年齢、郵便番号、住所、電話番号を記入し、下記の「このイベントに申し込む」から朝日新聞関西スクエア「中之島クロストーク」係へ。7月23日(木)必着。抽選し、聴講券を送ります。抽選結果は聴講券の発送をもって発表とさせていただきます

〈ホストの紹介〉白井聡(しらい・さとし)=写真上= 1977年、東京生まれ。一橋大大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は政治学・社会思想史。2015年4月から京都精華大専任講師。『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版、2013年)が話題となり、第35回石橋湛山賞など受賞。ほかに『未完のレーニン』(講談社)、共著『日本劣化論』(ちくま新書)、共著『日本戦後史論』(徳間書店)など

〈ゲストの紹介〉池澤夏樹(いけざわ・なつき)=写真下= 1945年、北海道生まれ。詩人、評論家、作家。父は作家の福永武彦、母は詩人の原條あき子。埼玉大学理工学部中退。88年に『スティル・ライフ』で第98回芥川賞、93年に『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞。2010年度の朝日賞を受賞。朝日新聞の連載「終わりの始まり」などの評論や文学全集の編集でも活躍中。ギリシャや沖縄、フランスで暮らした経験があり、現在、札幌市在住。

このイベントの申し込みは締め切りました。