土田さやかさん(左)、京大総長の山極寿一さん(右上)、土田さんが研究で追跡したウガンダのマウンテンゴリラ(右下、土田さん提供)

関西スクエア主催イベント情報

第12回「中之島どくしょ会」開催のお知らせ

作家・葉室麟さんと
『決戦!大坂城』を読む

  • ■とき 7月5日(日)15時半~17時半
  • ■ところ 朝日新聞大阪本社アサコムホール(大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階)
  • ■定員 80人
  • ■入場無料
  • ■申込方法 参加希望者1人の名前、年齢、郵便番号、住所、電話番号を記入し、下記の「このイベントに申し込む」から朝日新聞朝日21関西スクエア「中之島どくしょ会」係へ。6月18日(木)必着。抽選し、聴講券を送ります。抽選結果は聴講券の発送をもって発表とさせていただきます

※必ず『決戦!大坂城』(講談社)=写真下=を読んでお越しください

〈講師と著書紹介〉葉室麟(はむろ・りん)=写真上 1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大文学部卒。地方紙記者、ラジオニュースデスクを経て、2005年に「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。他に『銀漢の賦』『いのちなりけり』『秋月記』『花や散るらん』『恋しぐれ』など多数。『決戦!大坂城』は7人の作家の競作で大阪の陣を描いており、巻頭の「鳳凰記」を執筆した

このイベントの申し込みは締め切りました。