寂庵での日々について語る瀬戸内寂聴さん(中央)と秘書の瀬尾まなほさん(右)

特集

超高層ビルで茶室開き ――中之島香雪美術館、3月21日開館です

pshaiken.jpg

 中之島フェスティバルタワー・ウエスト(大阪市北区中之島、2017年完成)4階に、3月21日、中之島香雪美術館が誕生します。オープンに先立つ2月27日、館内で茶室開きがありました。茶室は、香雪美術館の本館(神戸市東灘区御影郡家)にある「玄庵(げんなん)」を、展示用として実物大で再現したものです。お点前を披露したのは藪内(やぶのうち)流14代家元の藪内紹智(じょうち)さん。超高層ビルの中で行われた茶室開きを取材しました。


織部の茶室の「写しの写し」


pszyomaku.jpg

 茶室の名前は「中之島玄庵(なかのしまげんなん)」。神戸・御影の本館の庭にある茅葺き屋根の茶室「玄庵(げんなん)」(1911年築、重要文化財)を、材料一つ一つに至るまで吟味し、伝統工法で再現したものです。御影の玄庵は、戦国武将の古田織部が考案し藪内家に伝わる「燕庵(えんなん)」(京都市下京区、重要文化財)を、忠実に模したもの。つまり、中之島玄庵は「写しの写し」として織部の茶室を現代に伝えているのです。


 「大阪も寒いなと思いながら中に入ると、なんと桜の花が散っているのであります」。

 茶室開きのあいさつで、秋山耿太郎(こうたろう)・公益財団法人香雪美術館副理事長は、こう言って笑いを誘いました。この桜は、茶室の周囲の壁にCG映像で再現した御影の風景です。映像は春夏秋冬・朝昼晩と変化し、鳥や虫の声も流すそうです。都心ではあるものの、天井が高く静かなビルの一角。そこに「市中の山居」を作ったというわけです。


茶席は舞台を見るかのよう


psroji.jpg

 茶室開きのお茶席は、家元による薄茶の席。外から茶室の内部を見るには、普通は狭いにじり口から見ることになりますが、中之島玄庵は正面の土壁を大胆に外して、内部を隅々まで見せる展示方法をとっています。このため、まるで舞台上を見るように、お茶席の様子を「鑑賞」することができました。


 客は6人。繊維強化プラスチックで再現された露地(茶室の庭)を通って、にじり口から中へ。正客は「MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)」館長で茶道史研究家の熊倉功夫さん。次客は中之島香雪美術館の臼倉恒介館長。

 床には1337年(南北朝時代)に書かれた大徳寺僧侶の墨蹟(ぼくせき)、藪内流初代・藪内剣仲(1536年~1627年)作の花入、中国・明時代の香合が飾られ、客が順々に拝見していきます。茶室開きで使われた道具はすべて香雪美術館の所蔵品。美術品としての存在感を感じます。ビル内ということで、炉は電熱式でした。


pstemae.jpg

 「桃の里」という名の主菓子を客がいただいた後、家元がこの茶室で初めての点前を行いました。茶碗は16~17世紀の名品ぞろいです。正客の熊倉さんが飲まれた中之島玄庵最初の一服には、「千歳(ちとせ)」という銘の青井戸茶碗(16世紀)が使われました。

pstyawan2.jpg

 茶をいただく客の表情や、「(床に生けた)椿の名前は、祝の盃と言います」といった家元と正客のやりとりなどを間近に見るうちに、お茶席はお開きとなりました。


御影・玄庵と感覚的にも同じ


 家元に感想を尋ねると、「初めてということで緊張しましたが、御影の玄庵と感覚的にも同じように点前ができました」とのこと。「玄庵をよく再現したと思います。(展示では見えない)水屋もほぼ同じように再現されています」とも語られました。

 館によると、中之島玄庵を使ったお茶席の予定は当面ないとのことですが、できれば違う道具の取り合わせで、また見てみたいと思いました。


psdougu.jpg

中之島玄庵・・・設計・監修 中村昌生・京都伝統建築技術協会理事長▽施工 安井杢工務店(京都府向日市)
          ▽露地監修 中根庭園研究所(京都市)


香雪美術館

 朝日新聞社の創業者・村山龍平(りょうへい)(1850~1933)が集めた東洋の古美術を収蔵する美術館として、1973年、神戸市東灘区に開館。重要文化財19点、重要美術品22点を筆頭に、茶道具、絵画、仏教美術、武具などを所蔵する。


玄庵と藪内流

 村山龍平は、関西の財界人との交流を通じて茶を楽しむようになり、藪内流の藪内節庵に茶を学んだ。1911年、藪内流家元の茶室である燕庵の写しとして、神戸・御影の邸宅に玄庵を建てた。燕庵の写しを建てることは、相伝を得た人だけに許されていたため、破格の扱いだった。


 

中之島香雪美術館開館記念展「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」

  1年にわたり、コレクションの中から300点あまりを5期にわけて公開。

 
  •    Ⅰ.美術を愛して 2018年3月21日(水・祝)~4月22日(日)
  •    Ⅱ.美しき金に心をよせて 4月28日(土)~6月24日(日)
  •    Ⅲ.茶の道にみちびかれ 7月7日(土)~9月2日(日)
  •    Ⅳ.ほとけの世界にたゆたう 10月6日(土)~12月2日(日)
  •    Ⅴ.物語とうたにあそぶ 12月15日(土)~2019年2月11日(月・祝)

  •  ・開館時間 10~17時(入館は16:30まで)
  •  ・休館日 月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始 ※展示替えなどによる臨時休館あり
  •  ・料金 一般900(700)円、大高生500(350)円、小中生200(100)円
  •      ※カッコ内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金
  •  ・主催 公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社、朝日放送
  •  ・所在地 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
  •  ・電話 06-6210-3766

(構成 八田智代)